またまた子どもの頃の釣りに使った、エサの思い出が浮かんで来ました

query_builder 2024/06/09
ブログ
R

こんばんは🌙 茨城県は龍ヶ崎市佐貫町の警備会社いつも元気な  「BN3」  です🚀


釣りをする人なら大概は知っているフナムシ❗ これを釣りのエサとして使うことも、承知している方は多いと思いますが、実際にフナムシを使って魚を釣った、という実経験の有る人は一体どれくらい居るのだろう❓ 本日のネットニュースに、釣りのエサにしたらどうなの、という題で上がってましたので、少し触れてみたいなぁと思います。


フナムシは何処の海岸にも、普通に見られる虫ですけど姿がゴキブリに似ていることから 嫌われている面は有りますね。なにしろ動きがゴキブリと同じく速い速い、見つけても簡単には捕まえられない、さらには捕まえてもたくさんの足を動かして逃げようともがくので女性の多くは、見るのも嫌がりますね😱


ところが、このフナムシは釣りのエサとして優秀です私も子どもの頃は佐渡を望む新潟の海岸で、魚釣りを良くしていましたが、エサを買うお金も無いため、ヒザラガイとかフナムシを捕まえエサにして魚を釣ったものでしたよ🎣


フナムシは藻類や生物の死骸や釣りエサの、始末をしてくれる清掃人みたいな生き物で、これが居なかったら船着き場や海岸は、腐敗したゴミで悪臭が漂うことでしょう。潮の香りがする美しい海岸を、恋人同士が気持ちよく散歩できるの実はフナムシの貢献度が非常に高いと言えます😁


しかもエビやカニや貝などという、高級な釣りエサの代用にもなるのですから、嫌うどころか喜ばなくてはいけませんな。 実際にフナムシを釣りエサにして、型の良いアイナメなどが良く釣れたものですし、チヌという呼び名の黒鯛も時には釣れたりして、フナムシには結構 イイね❗ を上げたくなるくらい、お金の掛からないエサでしたわ。


ゴキブリに似ているからと言って、侮ってはイケマセンぞ。フナムシは立派な価値を持ってます。人間も見た目じゃないでしょ肝心なのは中身🤣 そう言やぁチヌのことを私らは子どもの頃に、チンダイと呼んでいましたけど、今にして思えばチヌダイが訛ってチンダイになったのか❓ などと納得してますよ。


このチンダイは 小さい子どもの鯛でも、大変に良い出汁が出るのです🧜‍♀️ 3匹も釣れば鍋に5人分くらいの味噌汁も十分なほどに、美味しく作ることが出来ますもん。すごく良い出汁の出る魚なので、チンダイ釣りは人気が ありましたねぇ🎉 




NEW

  • 誘導に関して迷う場面も有ろうけど、警備員の体験と判断を信じることも

    query_builder 2024/06/13
  • 約1年ぶりの草刈り作業の警備に、就いて見たら意外に感じたこと

    query_builder 2024/06/11
  • またまた子どもの頃の釣りに使った、エサの思い出が浮かんで来ました

    query_builder 2024/06/09
  • 古来日本人の文化から変遷した 「麻」 の取り扱いの歴史を紐解けば

    query_builder 2024/06/08
  • 恒例 サラリーマン川柳の発表が、5月末に有りましたけど切実な句も

    query_builder 2024/06/07

CATEGORY

ARCHIVE